純正金属バンドの交換方法 - 切り込みのある時計の交換

使用工具
DB-01【バネ棒外し】 / \680-
[DB-01]がおすすめです。

高額時計、ブランド商品は時計専門店に任せましょう。
低価格ファッション時計は慎重にやって下さい。
ネジ付き等特殊取付の時計は時計専門店に任せましょう。

ご注意
  • 純正バンドの取外しは、バンドが非常に高精密に作られているため、取り外しが非常に難しく、
    初めての方にはおすすめできません

1.バンドの取外し - 1

時計の裏側から作業を始めます。
金属バンドの場合は切り込みのあるバンドの場合、切り込みのある部分から取り外しを行います。
切り込み部分に適したバネ棒外しを使用します。

このページの上へ


2.バンドの取外し - 2

切り込みにバネ棒外しを入れます。
バネ棒のツバに二又ピンを差し込み、内側に軽く押します。

バネ棒のツバ
二又ピン

このページの上へ


3.バンドの取外し - 3

片方がはずれました。
反対側も同じように、軽く内側に押し外します。

このページの上へ


4.バンドの取外し - 4

このように外れました。

このページの上へ


5.バンドの取付け - 1

次にバンドを取り付けます。
弓カンをセットします。

このページの上へ


6.バンドの取付け - 2

まず、バネ棒を左側を合わせます。
同じように右側もバネ棒外しで押さえ、穴へバネ棒を入れます。

このページの上へ


7.取付け完了

確実に装着できたか、一度バンドを引っ張って確認してください。

このページの上へ


技術者紹介 − 松山 藤一郎さん

技術者紹介 − 松山 藤一郎さんの写真
松山 藤一郎
1937.08 / 神戸生まれ
時計技術 : 時計技能検定1級 (時計歴51年)
使用工具 - 時計屋さんが使用している【バネ棒外し】(DB-01)
「DB-01の工具は、突きピンが丈夫に出来ており、二又ピンの大きさも調度いい2mm巾でほとんどのベルトに使用できます。初めての方におすすめのバネ棒外しです。」

・・・と、松山さんのお勧めの工具はこちら

このページの上へ